可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

屋根のリフォームについて!

2022.08.02

屋根は自然災害から家を守る最前線としてとても重要な役割を果たしています。

紫外線、雨、風、雷、雪などから日々家財を守ってくれているのです。年々自然災害が激化する中で、改めて屋根の大切さが見直されています。東日本大災害でも、屋根が被害レベルを大きく左右しました。屋根は意外に重く、瓦:4~6t、ストレート:2~2.5t金属系:0.7~1tもあるのです。屋根の種類によって地震災害の大きさを左右することがあるのです。屋根の種類によって、地震災害の大きさを左右することがあるのです。

例えば、阪神淡路大震災で多くの建物が倒f壊したのは、耐震基準前の古い建物で瓦屋根が重かったということも原因として挙げられています。

 

屋根の種類

 

   和瓦

粘土を成形して焼き上げた昔から住宅に多く使われている屋根材です。重いため地震には弱い屋根材です。再塗装は必要ありません。

 

   洋瓦

西洋で用いられている瓦で、和瓦より軽く、洋風デザインの住宅に多く使われています。再塗装は必要ありません。

 

 

   ストレート

雨水板状の屋根材で『コロニアル』『カラーベスト』と呼ばれます。最近の新築に多く採用されています。

約10年に一度の再塗装の必要があります。

 

   金属系

雪や風など災害に強いタイプです。シリコンやフッ素を塗布した高耐久性のものもあります。

約10年に一度再塗装が必要です。

 

屋根のリフォームのタイミングは?

屋根リフォームはストレート屋根、金属屋根の場合は10年に一度の塗り替えと、30年に一度の葺き替えが基本といわれています。

瓦屋根は重量が重く、地震の多い

日本では見直されえています。最近では耐久性の良いガルバリウム鋼板の特徴に、屋根瓦の自然材料(石材)を利用した商品が、耐久性や遮熱性に優れ、注目を浴びています。

 

私達は屋根には上りません!

ドローンで無料屋根診断致します。

ただでさえ傷んでいる屋根には登ることなく、ドローンで屋根の隅々まで調査致します。

 

ワンダフルリフォーム工房では、お客様に安心してお任せ頂けるように心がけております。

ご来店、お問い合わせお待ちしております。

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧