可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

外壁の塗り替えサインは❓

2022.07.19

外壁の塗り替えが必要な時には、必ず外壁がサインを出してくれます。

次で紹介するようなサインが出たら要注意‼

そろそろメンテナンスを考えていきましょう。

 

【チョーキング】  外壁を素手で触ると白い塗料(粉)がついてくる現象のこと。これは塗られている塗料が粉化してしまい、塗った塗料本来の性質が失われています。

水をはじかず防水性がなくなり、放っておくと外壁内部まで雨水が侵食してきます。

塗料の寿命の代表格です。

 

【ひび割れ】  誰でも一目で確認することができる外壁のひび割れ。

珍しい状態に思われがちですが、実は家にも起こりうる症状の一つです。そのまま放っておくと雨水などが内部に入り、建物自体を腐らせてしまう可能性があります。

 

【塗膜のはがれ】  塗膜の密着不良によって浮きや剥離が発生している状態です。

これは長期間紫外線や雨水等にさらされる事が原因で劣化が進み、それによる付着の低下で起こります。

そのままのしておくと、素材の保護機能が悪化してしまいます。

 

【外壁の汚れ】  「時間が経てば汚れるのは当然」と思いがちですが、これは本来の塗料の機能が発揮されていない証拠です。

単に外壁が汚れている場合でも、外壁の塗り替え工事を行う目安になるでしょう。

 

【鉄骨のサビ】  雨水などが原因で鉄が酸化し、サビとなります。

塗膜の褐色化もより、建物本来の美しさが損なわれます。

サビは金属にとって、とても危険で、そのまま放っておくと中で腐っていく為、サビが目立ってきたら早めの対処をお勧めします。

また、今はサビに強い塗料などもあるので、外壁塗装の際、検討してみると良いかもしれません。

 

【カビ・コケの発生】  時間が経つにつれて防水効果が失われ、雨水や湿気により、カビやコケが発生します。

そのままにすると外壁はもちろん、屋根そのものの耐久性も悪化し、雨漏りなどの原因にもなります。

 

このようなサインがありましたら、是非ご相談下さい。

ワンダフルリフォーム工房では、お客様に安心して任せて頂けるよう心がけております。

ご来店、お問合せお待ちしております。

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧