可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

瓦にコーキング施工はしないでください。

2022.06.25

今日は雨漏りの調査に向かいました。

一見問題は無いのですがとんでもない施工が施されていました。

雨漏れの原因は瓦をコーキングでくっつけているラバーロックという施工でした。

 

瓦にコーキングされていることで雨の逃げ道がなく家の中に浸透してきていました。

瓦同士の隙間は雨水の入口であると同時に出口でもあります。

ラバーロック工法により中途半端に隙間を塞いでしまうと今度は瓦の下に入った雨水が外に排出できなくなってしまいます。
瓦の形状は立体的であり、完全に瓦同士の隙間を塞ぐことはできません。

排出できないということは屋根内部に雨水が溜まり続けるということです。
溜まった雨水は防水シートや下地材を傷め、いずれ雨漏りに繋がる恐れがあります。

瓦屋根で雨漏りが起きた場合、瓦の破損などを除いてほとんどの場合、原因は屋根の内部にあります。

なので、屋根の表面にコーキングを打つラバーロック工法では雨漏りは止まりません。

もし業者の方からラバーロック工法を勧められたら、その業者は屋根の修理は得意ではないと思ってください。
他の屋根がきちんと修理できる業者を探すことをオススメします。

内部の雨漏りが広がっています。

瓦がくっついているので直すことが出来ません。

葺き替えをすることとなりますので、ご注意を!

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧