可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

セラミック塗料について少し詳しく

2022.03.08

こんにちは森岡です。魅力的なセラミック塗料とは?について解説します。

「セラミック塗料」はどんな塗料で何が優れているのでしょうか?

セラミック塗料の特徴を理解する前に、まずは塗料のことからご説明します。

外壁塗装で使う塗料は、以下の成分を混ぜ合わせて作られます。

・①樹脂(耐用年数に大きく影響)・②顔料(色を付ける材料)

・③添加物(劣化を遅くしたり効果を付加したりできる)

セラミック塗料とは、セラミック(無機物)を添加した塗料のことです。

つまりセラミックは「添加物」であり、セラミック配合塗料と呼ぶ方が実質的かもしれません。

また、色を持つ着色セラミックを配合した製品もあるので「顔料」とも考えられます。一方、以下の塗料名は主成分である樹脂の違いを表しています。

樹脂は、塗料の耐用年数に大きく影響します。

セラミック塗料の特徴

セラミック塗料は鉱物が配合されていて、無機系塗料とも呼ばれています。

配合される鉱物は、たとえば以下のものがあります。

・天然石を砕いたもの・砂や石の微粒子(パウダー)・セラミックビーズ

外壁塗装でセラミック塗料を使うと、いろいろな効果(メリット)があります。

いくつか例をあげてみましょう。(ここで留意したいのが、全てのセラミック塗料が同じ効果を持つわけではないということ。)

選んだ製品によって効果が変わるので、断熱効果も持つものもあれば持たないものもあるのです。

デメリット

・付加価値と工数の多さにより高価・吹付工法では職人の技量が出やすい・汚れやすいものもある・割れやすいものもある

・不誠実な業者に悪用されやすい一般的な塗料は、3工程(下塗り、上塗り×2)で終わります。

セラミック塗料は4工程以上かかるケースが多く、工数に比例して施工費も高くなります。

出来栄えが職人の技量に左右されやすいこと、先述のとおり不誠実な業者に悪用されやすいことなども、注意点のひとつです。

なお、お住まいの外壁がサイディングの場合は、以下のセラミック塗料は裂けた方が無難です。

・石材調のもの・弾性(※1)タイプ石材調に仕上がるセラミック塗料は、サイディングの意匠をころしてしまいます。

元の意匠を残したいのであれば、石材調のセラミック塗料は避けましょう。セラミック塗料に限らず、弾性を持つ塗料もサイディングと相性が悪いです。

夏場のサイディングは高温になりやすく、弾性塗料を使うと熱で膨らんでしまいます。外力による変形から元の形に戻ろうとする性質があります。

下地にも影響されやすいので是非、ご相談ください。

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧