可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

ラジカル制御って塗装でよく聞くけど?

2022.03.08

ラジカル塗料とは



ラジカル塗料は、塗膜の劣化をおさえる効果がある塗料です。

外壁や屋根の塗装で使われる塗料には、基本的に顔料が含まれており、酸素や紫外線などが顔料に触れることで「ラジカル」という因子が発生します。

「ラジカル」は周囲にある塗膜の樹脂を傷つけてしまうため、ラジカルが発生すると塗膜は徐々に薄くなってしまいます。

結果として、外壁に手を触れたときに白い粉がつく「チョーキング」という現象が発生しやすくなります。

この白い粉は、粉状態になってしまった塗料なのです。

ラジカル塗料には、「高耐候酸化チタン」と「光安定剤」という2つの成分が配合されています。「高耐候酸化チタン」は、ラジカルの発生がしづらくなる効果を持ち、「光安定剤」は、発生したラジカルを捕まえて封じ込める効果があります。

ラジカル塗料は、これらの成分があることによって劣化しづらく、耐久性・耐候性が高い塗膜を作れる塗料なのです。
ラジカル塗料のメリット

ラジカル塗料を使用する主なメリットは、以下の3つです。・チョーキングが起こりにくい

・光沢が持続し、防汚性・防カビ性に優れる

・塗装しやすい

チョーキングが起こりにくい

前述した通り、チョーキングの原因となるラジカルを抑制する成分が塗料に入っているため、チョーキングが発生しにくいです。

光沢が持続し、防汚性・防カビ性に優れる

汚れに強く、変色しにくいため、塗装後の光沢も長持ちします。

また、ツヤのある塗膜は、カビやコケが付着しにくく汚れをはじきやすくなります。塗装しやすい

ラジカル塗料は伸ばしやすく、飛散しにくい塗料であり、比較的簡単にローラーやはけで塗ることができます。

(外壁の下地を隠してくれる)隠ぺい性にも優れているので、仕上がりも良好です。

•ラジカル塗料のデメリット

ラジカル塗料には、メリットだけでなく、次のようなデメリットも存在します。

主なデメリットは、以下の3つです。

・新しい塗料のため施工例が少ない

・濃い色での塗装を希望している場合、思い通りにいかないことがある・塗装業者によっては施工経験がない可能性がある

新しい塗料のため施工例が少ない

ラジカル塗料は、2012年に初めて販売されましたので、耐用年数はあくまで想定されているものになっています。

実例が現時点でないことがデメリットとなります。

濃い色での塗装を希望している場合、思い通りにいかないことがある

ラジカル塗料に含まれる「高耐候酸化チタン」は、白い顔料です。

製品にもよりますが、濃い色を選べない可能性もありますので、気を付けましょう。

塗装業者によっては施工経験がない可能性があるので経験豊富な業者にご依頼くださいね。

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧