可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

外壁塗装の工法について

2022.03.08

こんにちはワンダフルペイント工房の山口です。

過ごしやすいシーズンになってきましたね。私たち塗装業者にとっても最適な季節となりました。

きょうは塗り方工法についてお話しします。

外壁塗装の工法/塗り方の種類3選

一般的な外壁塗装で主に採用される工法は、刷毛塗り・ローラー塗り・吹き付け塗装の3種類です
刷毛塗り
刷毛を使って手作業で塗ることをいい、主に狭い面積や細かいところを塗装する際に使われる方法です。
ローラー塗り
ローラーを転がしながら塗装する方法で、外壁の塗り替えでは一般的な塗り方となっています。
広い面を一気に塗装できるのがメリットです。
吹き付け塗装
スプレーガン(塗料を噴射できる機械)に入れて吹き付けて塗装する方法で、デコボコと立体感のある塗装をすることが可能です。
施工が早く低コストで済みやすいものの、飛散しやすく音が出るので住宅密集地ではやりにくい方法になっています。
また、「吹き付け塗装」には、いくつかの仕上げ方法があり、代表的なものは以下の3つです。
●リシンなどの薄付仕上げ●スタッコなどの厚付仕上げ●吹き付けタイルなどの複層仕上げ
リシン仕上げ
上塗り塗装材に小さな石を混ぜて吹き付ける仕上げ方法です。砂壁のような仕上げになるため、ツヤはありません。和風の趣を出したい方におすすめです。
スタッコ仕上げ
厚みがあり重厚感がある仕上げ方法です。凹凸感がありザラザラした手触りになります。風合いが良いですが汚れやすいので、注意しましょう。
吹き付けタイル仕上げ
下塗りのあと厚みと模様を出すため主材を吹き付け(中塗り)、上塗り塗装で仕上げる方法になります。中塗りと上塗り塗材が異なるものを使用するのが一般的です。
新築時に吹き付け塗装した家でも、塗り替え時には基本的にローラーや刷毛を使います。
その際、下地がどのような吹き付け仕上げにしてあるかで必要な塗料の量が変わるので、確認しておきましょう。
およその目安は、以下のとおりです。
「吹き付けタイル(基準)<リシン(1.2~1.5倍)<スタッコ(1.5~2倍)」となります。

色々な工法やデザインなども可能になりました。ご希望の方法を是非、ご相談ください。

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧