可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

人気のフッ素塗料本当にいいの?

2022.03.08

フッ素塗料の特徴とメリット&デメリット

特徴

まずは、フッ素塗料の特徴からご紹介します。フッ素塗料とは、蛍石を原料としたフッ素樹脂を配合した塗料のこと。

とても高価ですが、優れた耐久性や耐候性を持っているので大型建造物で使われます。

一般住宅でも、紫外線による劣化が激しい屋根を中心に外壁やシャッターなどに使われます。身近なところでは、航空機や調理器具にも使われています。

フッ素塗料は耐用年数が長く、塗り替え頻度を少なくすることができます。

一度の工費は高くとも、結果的に後述する建物のライフサイクルコストを削減をするのに役立ちます。

なお、フッ素樹脂には「3フッ化型フッ素樹脂」と「4フッ化型フッ素樹脂」があります。「3フッ化型」は紫外線に弱いので、耐久性は高い順に「4フッ化型>3フッ化型」です。

現在、合成樹脂を主成分としてるものでは「4フッ化型フッ素塗料」が最もハイグレードな塗料です。まず注目すべきは「耐久性・耐候性」の高さでしょう。とくに「4フッ化型」は変形・変色・劣化しにくい高い安定性を持っています。

耐摩耗性も優れていて、光沢が長持ちします。

たとえば、シリコン塗料の光沢が10年で20%減少するのに対し、フッ素塗料の光沢は20年でわずか10%しか減少しないといわれています。

また、耐熱性もあるので、外壁塗装することで紫外線などの熱から守ってくれ、外壁などの劣化を防ぐ効果が期待できます。

フッ素塗料デメリット

フッ素塗料は、メリットと表裏一体のデメリットを持っています。

たとえば硬くて親水性を持つ塗膜は、塗り替える際に塗料の密着を妨げます。塗り替えでは、ちゃんと密着するように適した下塗り塗料を選ぶ必要があります。

塗膜が硬い性質は、ひび割れを招きやすくなります。サイディングのコーキング(継ぎ目充填剤)と相性が悪く、ひび割れを防ぐためにひと手間必要になります。

サイディングを塗ったあとにコーキングを後打ちする

フッ素塗料の外壁塗装は、どんな場合におすすめ?

フッ素塗料は、以下の条件に当てはまる方にオススメできます。

・光沢のある仕上がりがお好みの方

・初期費用が高くなっても、トータルコストを節約したい方

塗装可能な外壁素材(適用下地)は?

フッ素塗料は、基本的に、サイディングやモルタル、ALC、コンクリート、トタンといった外壁に塗装することが可能です。
フッ素塗料には「耐候性がある」といったメリットや、「塗膜が固く、弾力性がない」といったデメリットがあります。

このようなメリットやデメリットから、たとえば耐候性が弱いALCのような外壁には向いていることが多く、モルタルのようなひびが入りやすい外壁にはあまり向いていないでしょう。
ここで注目したいのが、ライフサイクルコスト(LCC)。
つまり、新築の家が古くなり解体するまでの間にかかる「総塗り替えコスト」です。

メンテナンスは回数が少なければコストは安くなります。ある程度の耐用年数は重要ですねコストとのバランスを考えてお選びください。

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧