可児市・多治見市・土岐市で外壁塗装・屋根塗装リフォームの専門業者
外装塗装専門店 ワンダフルペイント工房 アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房の強み ワンダフルペイント工房連絡先お申し込みはこちら
アルファテックグループはSDGs認定企業です ワンダフルペイント工房連絡先
   

スタッフブログ

TOPページ > スタッフブログ

ウレタン塗料ってどう2

2022.03.08

ウレタン塗装の特徴を整理しました

ウレタン塗装の種類と特徴

ウレタン塗装の種類

ウレタン塗装とは、その名の通りウレタン塗料を使う塗装工事です。

ウレタン塗料はポリウレタンと呼ばれる物質を主成分としています。

ポリウレタンという言葉には聞き馴染みがある方も多いでしょう。

ポリウレタンは塗料だけでなく、衣服や水着、断熱材や接着剤など、幅広く使われています。

幅広く使われているのはウレタン塗料も同じです。

ウレタン塗料は使いどころを選ばず、さらに扱いやすい性質を持っていることから人気のある塗料でした。

最近は価格の下がってきたシリコン塗料が多く使われるようになり、ウレタン塗料のシェアは落ちています。

ただ、今でもウレタン塗料を採用するケースは少なくありません。

以前より人気が落ちたとはいえ、ウレタン塗料はメジャーな塗料といえるでしょう。

ウレタン塗料を使って塗装工事を行った場合、一般的な30坪の家では1週間程度が施工期間です。

ウレタン塗料は大きく分類すると、水性塗料と油性塗料に分けられます。

ウレタン塗装で使う塗料の水性と油性の違い水性塗料の特徴

水性塗料はその名の通り水で薄めて使う塗料です。油性塗料よりも比較的安い傾向にあり、臭いが少ないというメリットもあります。

ただし、油性塗料に比べると耐久性は低いです。ツヤが落ちやすいというデメリットがあることも覚えておきましょう。

油性塗料の特徴油性という名前がついているものの、実際は油ではなく溶剤で薄める塗料を指します。

溶剤とは、シンナーやベンジンなどに代表される、有機物を溶かす液体のことです。一般的に油性塗料は水性塗料よりも耐久性が高いといわれています。ただし、水性塗料より費用が高くなるのはデメリットといえるでしょう。また、油性塗料の臭いは水性塗料よりも強いです。

ウレタン塗装の種類と特徴

塗料はさらに1液型と2液型に分けられ、この2つは施工方法がそれぞれ異なります。2液型の場合、主材となる塗料の他に硬化材が必要なことが多いです。

そのため2液型は1液型よりも取り扱いが難しい傾向があります。塗装を依頼する際には、信頼できる業者を慎重に選びましょう。

ショールーム来店キャンペーン中!

来店予約でQUOカードプレゼント
ブログ 一覧